父と娘のサマーキャンプ@五光牧場

c0139181_9271024.jpg

梅雨明けから厳しい暑さが続いてましたからね、水辺のキャンプも捨て難かった。。
でもやっぱり静かで涼しい山でのんびりしたいよねって事で五光牧場に決めました。
五光と言えば広いフリーサイトですが、平坦な場所が少ないのが難点。。
そんな訳で16日の朝は、少し早めに入場させてもらってサイトを確保し、設営後にチェックイン。
二人のイケメ・・・オッサンorz。。。と、3、、いや4人のカワイイ娘たちの楽しいキャンプの始まりなのだった。。










ところで今年中学生になったアツは部活が忙しく、夏休み中も盆休みの他数日以外は弁当持ちで部活だ。
そうなると家族揃ってのキャンプはなかなか難しい。
アツ自身はキャンプに行かないで済むからラッキー!ってなもんですけどね(涙)
最近は友だちとチョイチョイ集まってはゲームで盛り上がってるし、
何より部活が楽しくてしょうがないらしい。。
まあそうやって自分の世界を広げて自立していくんでしょうね。。。


なんつって、、

そんな訳でまだまだ自立にはほど遠いはず(?)のお嬢たちを誘い今年の初キャンプ。



c0139181_21101220.jpg

・・・・基本ほったらかし。。


c0139181_10262010.jpg

・・・こっちも。。
大人ふたりと子ども3人+しずくなら車1台でなんとかイケる!
という結論に至りそして実践したのですが、いつもなら車内でも仰向けで爆睡がデフォのしずくも
今度ばかりは後部座席でお嬢3人と一緒にお座りさせられてのロングドライブで睡眠不足?
つか睡眠不足ならこっちも負けてない訳だが。。。クッ、、うらやましいぞその眠り。



c0139181_11165118.jpg

標高約1300mだったか・・・涼しいとは言えその日差しったら痛いほどジリジリ。。
水遊びは盛り上がったけど、水のおかわりは運ぶのが大変なので丁重にお断りしました。



そう言えば場内に設置されていた仮設トイレは撤去されたようです。
僕の記憶に残ってるあのトイレなら無い方がましかも、、、なんて思いますが、
管理棟の近くにあるトイレを利用するとなるとその不便さはビブリ級かそれ以上!
そうなると皆さん「立S」とか「野G」って事なんでしょうか?
我家はポップアップテントと災害時用の簡易トイレを使ってまして、
小の方は大地にお任せですが、、、大の方は犬と同じように取って持ち帰ります。
・・・まあそんな我家のトイレ事情は置いといて、今後トイレが設置されないとしたら
女性の利用者にはちょっとツライものがあるかもしれませんね。
まあ管理棟そばのトイレまで車で行けばいいだけの話ですが・・・それもどうなの。。
「野G上等!」のツワモノには穴場キャンプ場になるかもしれませんが
ホントに穴掘ってそこらじゅうに花摘みの跡があるのもなぁ(爆)







c0139181_1533460.jpg

マルモの歌と踊りを3人で練習して発表会を開いてくれました。



c0139181_23362373.jpg

夕食の支度は陽が落ちる前に、、
ニジマスの塩焼きを待つお嬢4人。。。
「うちこれがいい~~」「うちはこっち~~」とか言ってましたが、
最近自分の事を「うち」と言う小学生が増えているらしいサイタマ某地区です。
何が起こっているのでしょうか?・・・よくわかりません。
それよりしずくの姿勢が妙に力が入っていて可愛いです、、一生懸命匂いを嗅いでいるんですね。

c0139181_23523100.jpg

今回のキャンプで子どもたちにヒットしたのはトウモロコシでした。
食材はナナーズで調達。子ども受けしそうなメニューを考えていろいろ買っちゃったけど、
結局最寄りのコンビニで売ってたレトルトのハンバーグだの何だのが
早い安い旨いの3拍子揃っちゃいそうだし、、そうなるとシングルバーナーでお湯沸かす位でよくて
荷物もゴミもかなり減らせるなぁ・・・と、楽な方向へシフトしようとしてる自分がいますが何か?(笑)
でも何しろ子どもたちは待つのが苦手だし、外で食べれば何だって美味しいんだから。。。ね?




c0139181_16103718.jpg

ランタンに灯を入れて、みんなで焚き火を囲みながら満天の星空を待ったんだけど
この日は月が明る過ぎてダメでした。
仕方なく焚き火の火の粉が上がるのをぼーっと見ていると、
火の粉の向こうに青白い光がひとつ見えたような・・・・・まさかと思ったけどやっぱりホタルでした。
これはある意味天の川見るより貴重な出来事だったかも。
その後はお嬢たちも電池切れで、テントにもぐり込むと一瞬で夢の中。
オジサンふたりでまったり焚き火を楽しんだのでした。


翌朝は子どもたちが作った卵焼きとトーストで朝食をとり、早々に撤収。
1泊のキャンプはあっという間だったけど、パパと娘たちだけで行くキャンプは何かと新鮮だったし
我家の新居、ビッグアグネスのテントは予想以上に快適でした。
子どもたちも、お友だちと一緒のキャンプはとても楽しくて、
また行きたい?って聞いたら「うん、行きたい!」って。。(T^T)
そして外で食べるご飯はやっぱり美味しかった。




またみんなで行こう。
c0139181_111458.jpg

                             おしまい
[PR]
by mar3com | 2011-07-24 01:50 | キャンプ
<< 7月26日 はなせばわかるお年頃? >>